大腸内視鏡検査を受けてきた

こんばんは、こしわかです。
御無沙汰しております

(今日は少し汚い話なのでご注意ください)

50歳を超えると体のあちこちにガタが来ます
そんなことをよく聞きますが、ここ数年でいろんな検査を受けました

胃カメラ検査はほぼ毎年受けているし
脳ドックはここ数年で2回ほど受けました。
肺ドックもこの前受けました。
となると、残るは・・・・・・大腸内視鏡検査・・・・

以前からずっと「いつかは・・・」と考えていました。
ただ、なかなか踏ん切りがつかずズルズルときていましたが、
先月、思い切って検査を受けてきました。

この検査受けられた方はお分かりと思いますが検査前が「難関」。
何が難関かって、それは後程。


まず、事前に問診を受けに病院に行って、検査日を確定。
そこで、前日の昼食、夕食、服用する下剤
また当日服用する下剤をもらいます。

前日の昼食と夕食は、こんな感じ(グリコの商品)
量的には少なめだけど、おいしく食べられました。

渡された下剤はピコスルファート、マグコ ロールPの2種類あって
ピコスルファート(小さい容器の方)は前日晩に服用するように言われていたのですが
ここで、うっかり失念。

gezai-242x300.jpg
(写真は、こちら から拝借)


当たり前ですが、大腸内視鏡検査って便を出し切らないと検査ができないので
便の処理が最重要なのです。

朝、そのことに気が付いたんですが、朝6時に病院に電話で確認することもできず
とりあえず、もう一方の下剤(透明色の袋の方)を朝から服用開始。

服用し始めてから30分くらいから約10分おきに便を催しました。
なかなか強烈で自宅でよかったです。

そうこうしているうちに検査を受ける病院から連絡が入り、
昨晩飲み忘れた「ピコスルファート(小さい容器)」も飲んでくださいと連絡があり
ダブルで下剤服用。

トイレの往復の度に便の色のも透明色になり少し落ち着いたところで病院に移動。

病院に到着して、これですぐ検査が受けられると思いきや、便の色を確認したいと言われ
「もう便は出ないと思いますが・・・」というと
「しっかり水分を取ってください」となかなか厳しい注文。

もうおなかの中は2リットル以上の水分をとった後なので
病院で飲むミネラルウォーターはなかなかきつかったです。
それでも1リットルほど飲んだでしょうか?
やっと便を催したのですが、家で透明色だった便が逆戻りで普段通り色に戻っている・・・・・

なぜ・・・・
「もっと透明にならないと検査はできません」と
そこからさらに500mlくらいはまたミネラルウォーター
めちゃくちゃ苦痛でした。

看護婦さんが、苦しむ私を見かねてか、最終的には浣腸をすることを提案されました。
小学生の頃以来か・・・・

恥ずかしい気持ちもありましたが、この苦痛から早く逃れたい一心で、
浣腸をお願いしました。
理想的には5分くらい我慢してもらった方が・・・・
と言われましたが、1分でダウンしました(笑)


浣腸の後はすぐ検査台に・・・・
点滴されてウトウトしていると、知らない間に終わってました。
検査前の苦しい時間を思えば、検査はあっけなかったです。

結果は、以下のとおり
・特に問題もなく、検査に出すようなものもないので何も切っていない。
・ただ、憩室という小さい穴が多数みられる。
・細かい食べ物が詰まって炎症を起こす可能性があるから暴飲暴食はしないこと
・血液検査の結果も問題ない
・概ね2年後くらいに、もう一度検査をしてみてはどうか

ということでした。
ひとまず、一安心です。

↓↓↓ ↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


 | HOME | 

プロフィール

こしわか

Author:こしわか
中、高、大の3人の子供達の父親です。メタボ体型の脱却のため、走り始めました。長距離大嫌い人間が、今はランニングにはまっています。ラン歴3年ちょっとです。


最新記事


Jognote


ランニング開始から


月別アーカイブ


カテゴリ

ランニング (422)
ラグビー (28)
家族 (101)
仕事 (8)
未分類 (4)
読書 (27)
自転車 (2)

最新コメント


最新トラックバック


FC2 カウンター


Twitter


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード